中古ビジネスフォンのメリット・デメリット~新品との違い~ | あ

ありがとう屋お支払い方法

お電話での見積もり・お問い合わせ

0120-515-080

(平日10:00~19:00)

スマホメニュースマホメニュー閉じる

お電話かんたん見積もり・お問い合わせ

0120-515-080

平日10:00-19:00

× 閉じる

キーワードで探す

商品カテゴリから選ぶ

全ての色から選ぶ

サイズから選ぶ(単位:mm)

奥行
高さ

在庫のある店舗を指定

開く閉じる
開く閉じる
開く閉じる

× 閉じる

> 中古ビジネスフォンのメリット・デメリット~新品との違い~

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

中古ビジネスフォンのメリット・デメリット~新品との違い~

中古ビジネスフォンのメリット・デメリット~新品との違い~

1.中古ビジネスフォンのメリットとは?

1-1.圧倒的に安い価格

新品ビジネスフォンの場合、5人用セットで本体価格のみで約50万円前後かかります。この金額にさらに工事費用を上乗せして支払う必要があり、総額は60万円前後になると考えておけばいいでしょう。3人用セットであれば工事費込みで約45万円前後、10人用セットになると工事費込みで90万円前後かかるのが一般的です。できるだけ安く事業をスタートアップしたいなら、中古ビジネスフォンを選ぶのが良いでしょう。中古であれば5人用セットで約15~20万円(工事費込みの業者もあり)となり、新品よりも3分の1,また4分の1の費用でビジネスフォンを設置できます。中古品にもさまざまありますので、1人用なら1万円前後で販売されている格安ビジネスフォンもあり、価格を抑えて購入したい方は見逃せません。

1-2.発売から期間が経過している

中古ビジネスフォンは発売からある程度期間が経過しているので、その商品に関する情報(取扱説明書や口コミ)が収集しやすい状況です。気に入った中古ビジネスフォンの口コミをチェックし「使いにくい、壊れやすい」などの情報があれば選択するうえでの参考になります。

2.中古ビジネスフォンのデメリット

2-1.見た目に問題がある可能性

中古ビジネスフォンはボディー表面に細かい傷や日焼け、汚れがついているケースがあります。メンテナンス(ボディー表面を清掃する)などして中古ビジネスフォンとして再販売していますが、どうしても消せない傷や日焼けは残るもの。もちろん新品同様と見間違うほど美しい商品もありますので一概には言えませんが、中古なりの外観と思って期待しすぎないことです。

2-2.保証がない

新品のビジネスフォンは購入、またリースすると故障時に対応してくれますが、中古ではメーカーの保証がありません。中古の場合、購入後すぐに故障することもあり得ます。中古ビジネスフォンの保証をどこまでしてくれるのか、購入時にお店側と確認するのがいいでしょう。

2-3.機能や性能

最新型のビジネスフォンではないため、事業所にとって必要な機能が搭載されている商品かどうかを確認しなければなりません。ただ機能面においては、よほど古いビジネスフォンを購入しない限りは大丈夫と言われていますが、通話録音機能やスマートフォン連携、さらに不審者侵入検知などの機能にこだわりがあるのなら、それら機能がきちんとついているか確認しましょう。気を付けたいのは職員が増えた場合、電話をどこまで拡張できるのかどうか確認することです。またビジネスフォンは法定耐用年数が6年なので、長期間使用された商品を購入するかどうか確認必須。商品によってはメーカー保証がついているかもしれませんので、購入時に確認しましょう。

3.中古ビジネスフォン導入時のチェックポイントとは?

3-1.購入後どれくらいの期間が経過しているか

中古ビジネスフォンを購入するときは、商品販売から何年経過しているか確認したいところです。ビジネスフォンが故障した場合はメーカーに修理をお願いする必要がありますが、あまりに古い機種になると部品が欠品していることも少なくありません。購入から2~3年程度の中古商品なら修理面では問題ありませんので、ビジネスフォンがいつ販売されたものか必ずチェックしてください。わからない場合は、メーカーに部品があるかどうか確認しておくと安心材料になります。

3-2.社員のモチベーションに関わることも

中古ビジネスフォンは出費を抑えてスタートアップできるメリットがありますが、どうしても「電話が中古品」というイメージはぬぐえません。もし「費用がかかっても新品のビジネスフォンで事業を開始したい!」という確固とした気持ちがあるのなら、無理に中古品にする必要はありません。社員から「中古は嫌だ」という声が上がる可能性もあります。中古ビジネスフォンを購入するときは、社長や社員が「中古ビジネスフォンでも構わない」という意思の確認をしておくことです。誰かが「中古品は使いたくない」と不平・不満をいうようでは、事業の先行きが心配です。

4. 中古ビジネスフォンをどこで購入するか?

4-1.中古オフィス機器を取り扱う店舗で購入

中古ビジネスフォンの購入先としては、中古オフィス家具や家電を取り扱うお店に問い合わせるのが一番です。ただ中古オフィス機器を販売しているお店はとても多いので、良心的な店舗を選ぶことが大切。以下のような点に気を付けてください。 ・会社(お店)のホームページがしっかりしている(連絡先がわかる)  ・全国に拠点がある  ・担当者が素早く対応してくれる  ・中古ビジネスフォンの写真が掲載されている  ・商品の状態がわかる  ・本体だけの販売ではなく工事も実施してくれる  ・会社に実績がある  このような条件が揃っているお店で購入するのが安全です。

4-2.中古ビジネスフォン購入なら「ありがとう屋」へ

オフィス家具販売「ありがとう屋」は、東京・埼玉・大阪・福岡に9店舗のお店を展開しており、東京と福岡に事務所を設置しています。昭和56年12月に開業以来40年、オフィスに関する事業を展開してきました。中古ビジネスフォンも販売しており、価格や商品についてはHPに詳細を掲載しています。商品の写真を掲載しているので、状態が一目でわかります。本体の販売だけではなく設置工事も込みの価格になり良心的です。稼働しない不良品は一切販売していません。希望する機種の中古ビジネスフォンがあれば、すぐにお探しします。オフィスに関することで不明点があればなんでもご相談ください。

まとめ

中古ビジネスフォンは安い費用で購入でき、経済的負担をおさえて事業をすすめることができます。もちろんデメリットはありますが、メリットとデメリットの両方を比べて納得できる選択をしましょう。中古ビジネスフォンは商品によってコンディションが違うため、信頼できる販売店から購入するのがおすすめです。創業40年の実績をもつ「ありがとう屋」なら、動作確認済みの商品を設置費用込みの価格で販売しています。販売後のトラブルにも対応しますので、お困りのことがありましたらご連絡ください。



お問い合わせはこちらから


メールでお問合せ

お電話はこちらから 0120-515-080